2018年07月19日

ドドン、沿ドニエストル問題について語る

 プーチン大統領がコザークを対モルドヴァ通商発展問題ロシア大統領特別代表に任命したことに関連し、こちらにドドン・モルドヴァ大統領の反応がまとめられているので簡単に紹介。

 近日中にモルドヴァ・ウクライナ通商経済協力問題政府間委員会の共同議長にドミトリー・パトルシェフ・ロシア農相が任命される予定である。秋にはコザーク氏とともに両名がモルドヴァを訪問することになる、とドドン大統領はモスクワ訪問時に明らかにした。

・コザークの特別代表任命について
 第一に、沿ドニエストル担当、ではなくモルドヴァ担当、というのが重要である。これは沿ドニエストルがモルドヴァとは別と見なされていないことを意味する。我々は一つの国である。

・ロシアやプーチン大統領との対話について
 残念ながらモルドヴァ内閣はロシアとの対話がお望みでないようだ。しかし対話は必要だ。コザーク氏をモルドヴァに招待し、両国の政府間委員会共同議長も参加し、今後の発展を協議する。ドドン大統領とプーチン大統領間の対話のみに基いて近年関係が進んでいる、というのは正しくない。

・コザーク・プランについて
 2003年は我々が沿ドニエストル問題の解決の機会を失った年である。本モデルは依然として現実的だろうか。多くが変わってしまっている。しかし、我々は他所で立案されたモデルを受け入れるべきではなく、キシナウで、チラスポリの合意の下で作られ、そして5+2に提出される計画でなければならない。三段階からなる。第一に政権内(大統領・内閣・議会)とキシナウの社会でコンセンサスを得る。第二にチアスポリ側と協議する。そしてモデルが採用され、第三段階として5+2フォーマットで協議される。モデルはロシア、アメリカ、EUで作られるものではなく、国内でのみ作られる。

・民主党のPR作戦、将来の内閣について
 最近の国連、OSCE議会アンサンブル、そしてNATOの宣言(沿ドニエストルからロシア部隊の撤退)は沿ドニエストル関係や5+2フォーマットの良化をもたらされない。これは与党のPR作戦であり、具体的な影響を得られることはない。モルドヴァの来る議会選挙では、親モルドヴァの議会多数派が誕生するであろう。親EUでも親ロシアでも親NATOでも親ユーラシア同盟でもない。



------------
 ワールドカップで盛り上がっている最中の14日にドドンはモスクワでプーチンと会談したようですな。 ドニエストルにおけるロシアの平和維持軍やユーラシア経済同盟を絶賛。
posted by 藤森信吉 at 21:44| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: