2018年07月17日

ウクライナ船舶の拿捕増加

ウクライナ・インフラ省によると、ケルチ海峡におけるウクライナ船舶の拿捕数が急増している。
 ラヴレニューク副大臣によるとその数は148隻に達している。副大臣は「連日、ウクライナ港公社は、マリウポリ港/ベルジャンシク港に出入港する船舶がロシア連邦治安当局による検閲のため拿捕されていることを記録している。データは全てインフラ省およびウクライナ外務省に提出されている。船長、代理店および港湾関係者、議員から、根拠なき船舶拿捕の件数増加について請願を受けている。斯様な傾向は続けられてはならない。ロシア連邦の違法な行為に対抗し、ウクライナ側は統一された立場を形成する必要がある」と述べた。

posted by 藤森信吉 at 12:55| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: