2018年07月12日

ウクライナ、経済成長率を上方修正

 ウクライナ閣僚会議は、ウクライナ経済発展商業の2019-2021年経済社会発展予測を承認した。
それによると、2018年のウクライナGDP成長率は3.2%で、ベースシナリオでは2019年に3%成長、2020年に3.8%、2012年に4.1%成長と
なる。2021年のGDP実質成長率は、2013年比で101.6%となる。
 他方、インフレ率は鎮火し、2019年に7.4%、21年には5%以下となる。2018年は9.9%を予測している。失業率については、2019年の8.9%から2021年には8.3%へ低下する。貿易およびサービス輸出額は、2019-21年で年平均8.7%成長する。
2019-21年の経済成長は国内消費と投資拡大によってもたれさる。
posted by 藤森信吉 at 21:37| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: