2018年06月30日

デリパスカがヤヌコヴィッチのマナフォート・コンサル料を肩代わり?

VOAによると、マナフォートはデリパスカから1000万ドルを受領した。
 裁判資料によると、2017年のFBI捜査により、マナフォート夫妻関連企業の納税データにデリパスカから1000万ドルの信用が振り込まれていた証拠が見つかった。またマナフォートの2005-2006年におけるウクライナでのコンサル事業に対してもデリパスカは資金を送っていたことが明らかになった。
---------
 マナフォートのウクライナにおけるコンサル事業は、「ヤヌコヴィッチのイメージ戦略」(地域党の裏帳簿から支払いとの報道)なのか、あるいは、ウクライナにおける投資コンサル業なのか、はっきり書かれていない。前者とすると、ロシアのオリガルヒが、資金的にもヤヌコヴィッチ政権を支えていたことになる。2005-2006年というと、まだマナフォートとトランプはつながっていないはずだし、トランプが大統領になるとは誰も思っていない頃だが、先行投資か?
posted by 藤森信吉 at 11:17| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: