2018年06月19日

ナフトガス社も上訴

 こちらによると、ナフトガス・ウクライナ社はスウェーデン高裁に対し、ストックホルム裁定中止命令を撤回するよう求める訴えを起こした。
 ナフトガス・ウクライナ社商務部長ヴィトレンコ氏は「今日、スウェーデン高裁に上訴し、アピールを行った。公にできない調停と異なり、高裁は公開される。誰でも文を読める」と述べた。地裁決定は、一時的にナフトガス社がガスプロムから26億ドルを徴収する過程を停止しただけであり、裁定の撤回につながるものではない。

----------
流れを整理すると
2018年2月 ストックホルム商業会議所仲裁裁判所は2009年ガス輸送契約でナフトガス社に有利な裁定、前年11月の売買契約と合計するとガスプロムは26億ドルをナフトガス社に支払うことに。
2018年5月 ナフトガス社、強制徴収を開始し、オランダ、スイスでガスプロム資産差し押さえ判決を得る
6月 ガスプロム社、スウェーデン地裁で 裁定の停止判決を得る
6月 ナフトガス社、高裁に上訴

 2009年契約には「ストックホルム裁定は最終的な決定である」と書かれているのだが、訳わからん。
 
posted by 藤森信吉 at 10:51| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: