2018年06月08日

前沿ドニエストル中銀総裁、実刑判決

 こちらによると、コソフスキー前沿ドニエストル中銀総裁が自由剥奪3年の実刑判決を受けた。リャンカ副総裁は同2年の判決を受けた。
 2016年6月の外貨不足時、コソフスキー、リャンカと中銀幹部は、シェフチューク前大統領令のもと、非合法な決定を採択した。外貨オークションにおいて彼らは限られた企業-モルドヴァ出身者が創設した「3 Star」に売却した。
 この措置により、燃料不足は深刻化し、沿ドニエストルの企業はレイのみを売却するという中銀決定を知らされておらず、彼らに外貨はいきわたらなかった。多くの企業は影響を蒙り、対外契約による商業レートでのみ外貨を購入するだけとなった。オークションにおける人為的な外貨不足は輸入食料不足をもたらした。
--------
 外貨不足時、沿ドニエストル中銀が恣意的な割り当てを行い、権力に近い「ビジネスマン」が中銀レートで外貨を獲得、他はより不利な市場レートで外貨を購入せざるを得ず、燃料や食料輸入に支障が出た、とのこと。経済史的に表現すれば「ドルの天井」。
posted by 藤森信吉 at 11:51| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: