2018年05月16日

キエフ公共交通機関、8フリブナに値上げ

 こちらによると、7月15日から地上および地下の公共交通機関の料金が8フリブナになる。
 キエフ市によると、経済的な根拠がある料金は、地下鉄で8.27フリブナ、地上交通機関で8.77フリブナである。また、年金生活者、ATO参加軍人、チェルノブイリ汚染除去作業参加者その他の対象者は引き続き無料である。電気料金引き上げとディーゼル燃料の値上げはそれぞれ損失を1.16倍、1.24倍拡大、また修理保全に必要な諸資材費用も高騰している。他方で、公共交通機関の従業員の給料はキエフ市平均の5/8に過ぎず、プロフェッショナルな職員が不足することにつながる。
--------
8フリブナ=30円程度なのでまだまだ低いですな。ビッグマック指数からいうと、130円くらいでもおかしくない。
posted by 藤森信吉 at 16:51| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: