2018年04月27日

ドドン、ロシア軍平和維持部隊の駐留を支持

 こちらによると、25日、ベンデルにおいて、モルドヴァ・沿ドニエストル両大統領が会談を行った。
 ドドン大統領は、沿ドニエストルにおけるロシア部隊の平和維持活動の再編について、「我々は、外国勢力が主張するところの平和維持活動の再編成について反対する」とfacebook上で述べた。ドドン大統領は、会談において、ドニエストルにおける平和維持活動をとりまく情勢について協議した、平和維持活動は国民の平和と安全の守護者であり、政治的逮捕の重要な要素である」と強調した。モルドヴァでは内閣および議会が、平和維持活動の編成の変更を要求している。

---------
南北朝鮮会談とタイミングがぶつかって、すっかり影が薄くなってしまいました。映像を見ると、モルドヴァ代表団、ネームプレートも使用言語も全てロシア語というのはいかがなものかと。
 
posted by 藤森信吉 at 13:59| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: