2018年04月20日

ポロシェンコ、正教会統一へやる気

 ウクライナ最高会議は、「ウクライナにおける正教会の独立性に関するトモス発布をコンスタンチノーポリ全地総主教に求める大統領親書を支持する」法案をウクライナ最高最高会議が可決した。
 これに関し、ポロシェンコ大統領は、独立教会の発令(トモス)はウクライナ国家の独立性を強めることになる、とした。
大統領は「長きにわたり求めていたトモスはウクライナにおける宗教的自由をいっそう強め、宗派間の和平を進化させ、国民の権利と自由を強化する。トモスはロシア正教のヒエラルキーによって捏造された「ロシアの世界」と称される政治的プロジェクトを排除することになる」「モスクワからの最終的な独立となる」とその意義を強調した。

---------
先日の総主教との会談や前日のウクライナ正教諸宗派と個別会談で良い感触が得られたのでしょうか。普通に考えると、コンスタンチノーポリ総主教が、ロシア正教の管轄に手を突っ込むとは思えませんが。
・コンスタンチノーポリ総主教から独立「独立ウクライナ正教会」のトモスをもらう

・ウクライナ正教モスクク主教座УПЦМП からロシア正教会を排除する

・ウクライナ正教モスクワ主教座、ウクライナ正教キエフ主教座УПЦ КП、ウクライナ独立正教会УАПЦ を合同して単一の「ウクライナ正教会」を作る
posted by 藤森信吉 at 19:05| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: