2018年04月14日

ポロシェンコ「ロシアはウクライナ・ルートなしにはやっていけない」

 ポロシェンコ大統領は「ロシアはウクライナのガス輸送システムなしにはやっていけない」と述べた。
 テレビ局とのインタビューにおいて、ポロシェンコ大統領は、テレビ局とのインタビューにおいて「ロシアはいかなる場合もウクライナのガス輸送パイプラインなしにはやっていけない、2019年後も同様である」と述べた。また、「ノルドストリーム2は完全に政治的性格を帯びており、ウクライナには既に輸送パイプラインがあり、年1500億m3の輸送力があるにも関わらず、その建設費150-200億ドルを浪費することになり、経済的にナンセンスである。EUの指導者達に『高いガスを買うことになり、経済的競争力が落ちる』と申し上げている。EUの行動はウクライナの利益のためだけでなく、EUの連帯と競争力のためにもなる」と述べた。「メルケル首相との会談の成果としては、ドイツ側がノルド2は政治的なプロジェクトであると初めて述べたことが挙げられる。第二に、ノルド2はウクライナの利益を無視して実現されることはない」と大統領は強調した。
 また、大統領は、ロシア・EU諸国間のガス契約は全てストックホルム仲裁で担保されている中、今日ロシアは、ウクライナに対するストックホルム裁定に違反している、と述べた。
posted by 藤森信吉 at 21:36| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: