2018年04月08日

モルドヴァ世論はプーチンがお好き

 こちらに、モルドヴァの世論調査結果が掲載されているので簡単に紹介。
・モルドヴァ社会調査センターによる調査、3月10-27日、1150名を対象。
・ 信頼できる外国のリーダー
プーチン 55%、バセスク(前ルーマニア大統領)44%、ルカシェンコ29%、ヨハニス(現ルーマニア大統領)27%、メルケル24%、サアカシビリ20%、トランプ17%、ポロシェンコ14%、マクロン12%
・友好的と思う国
ロシア 39%、ルーマニア35%、ドイツ8%、アメリカ7%、ウクライナ3%
・国の進路
ユーラシア経済同盟37%、EU 31%、ルーマニアとの合同 26%
・どこで家庭生活するのが最良か
EU 57%、ユーラシア経済同盟30%、その他の国 13%
・EUとの協力の意味は
経済援助28%、働き場所23%、友好関係18%、内政干渉15%、投資7%
・ロシアとの協力の意味は
エネルギー資源25%、沿ドニエストル22%、市場19%、友好関係15%、内政干渉10%、働き場所5%
・ルーマニアとの協力の意味は
財政援助24%、友好関係22%、内政干渉20%、奨学12%、投資9%、占領6%
・EU加盟の国民投票があった場合
賛成 52%、反対38%、未定10%
・ユーラシア経済同盟加盟の国民投票があった場合
賛成41%、反対52%、未定7%
・ルーマニアとの合同
賛成35%、反対48%、未定17%
--------
 オリジナルのデータ見つからず。ルーマニアとの合同に対する支持率が高くなっているような。こりゃプーチンも慌てるはずだ。
posted by 藤森信吉 at 20:02| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: