2018年03月06日

ガスプロム、2009年ガス契約終了を公式通告

 こちらによると、ガスプロム社はナフトガス・ウクライナ社に対し、ガス供給・輸送契約(2009年契約)の終了を公式に通告した。
 これに対し、ヴィトレンコ・ナフトガス・ウクライナ社商務部長は、契約上、終了プロセスは、当事者が合意した後、供給に関しては30日、輸送に関しては45日を必要としており、またガスプロム側が言う終了する理由には根拠がない、とした。他方で、ナフトガス社は、ガスプロム社との間で、ヨーロッパ法に準拠する契約なら協議する用意がある、とした。さらに、ガスプロム社が4月もガス供給を拒否した場合、ヨーロッパのガス価格がロシア・ウクライナ間価格より高くなった場合は補償を求める、とした。
また、ヴィトレンコ氏は、45日以内に合意が得られず、ガスプロム社がストックホルム仲裁に提訴するなら、審議は数年に及び、2009年契約は事実上、2019年末まで機能することになろう、との見方を示した。
-----
5年前
・ウクライナ「2009年ガス契約を見直したい、契約価格は市場趨勢に則していない」
・ガスプロム「はあ? 2009年契約の価格は市場価格だろ、このままで問題なし」

・ガスプロム「ストックホルム裁定でガスプロムにとって経済性がなくなったから破棄したい」
・ウクライナ「はあ? 裁定通りにしろよ」
 あと、この件に関するロシア・メディアの大本営発表ぶりは必見。
posted by 藤森信吉 at 20:00| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: