2018年02月21日

ドネツク人民共和国「ウクライナへの渡航禁止令はデマ」

 こちらによると、 ザハルチェンコ・ドネツク人民共和国元首は、DNR住民の3/1以降のウクライナ領への渡航禁止のニュースは、事実を反映しておらず、共和国の混乱を狙ったものである、と述べた。
 SNSやウクライナ・マスメディアで流布されている「3/1からウクライナ領への渡航が禁止されるとの元首令58号」は偽造である、とザハルチェンコ氏は指摘した。ザハルチェンコ元首は昨年12月にウクライナ領への渡航制限令を出していたが、これは国家公務員、検察、公安関係者に限定されたものであり、これに追加する決定は出されていない、ニセ元首令の拡散はフェイクかつ煽動である、とした。
---------
 アフメトフ財団の情報によると、2月20日のウクライナ・人民共和国間の往来数は4万人、5千台なので、渡航禁止令はちょっと無理。
しかし 昨年12月の元首令は、かなり広範囲の住民に及ぶような感じもする。私がドネツク人民共和国に渡航した際の同乗者は、国営企業のマネージャー(娘がキエフ大学)と年金基金の職員(老母がウクライナ西部に在住)だったが、彼らも対象に入るとどうなるのだろうか。
posted by 藤森信吉 at 14:04| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: