2018年02月17日

ポロシェンコ、ミュンヘン安全保障会議で講演

 こちらによると、ミュンヘン安全保障会議でポロシェンコ大統領が講演を行った。
 以下、興味深い点のみピックアップ。
--------
・ロシアによるハイブリッド戦争は世界規模に拡大している。
・さらに悪いことにロシアは軍備を増強しており核兵器の使用を含む兵器を使用する用意がある。
・ロシアの世界と普遍的価値の自由世界とはショッキングな違いがある。
・被占領地クリミアにおけるロシア大統領選挙を承認してはならない。
・欧州評議会議院会議におけるロシアの表決権を再開してはならない。
・NORD STREAM 2 反対
・2015年時点で国連平和維持部隊のドンバス展開を提案しているが、ロシアはその活動範囲を制限したがっている。
・ウクライナはGDPの6%を国防・治安部門に費やしている。
・ウクライナのNATO・EU加盟のドアは開らかれ続ける。
-------
 英語による報告。「ロシアの世界」と自由世界との間に差がある、という件で、千島と日本が例として出てくるが、根室や中標津は、対岸の島よりも悲惨な状況になっているのだが。 
posted by 藤森信吉 at 14:00| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: