2018年02月13日

DKR建国 100周年!

 こちらによると、ドネツク人民共和国はドネツク・クリヴォイログ共和国建国100周年を祝った。
 ザハルチェンコ元首は「100年前、我々の先祖は、平等・自由・正義にイエスを、西側にノーを宣言した。ドネツク・クリヴォイログ共和国は大変困難な時期に建国され、残念なことに敵勢力によって抑圧されてしまった。ちょうど100年後、我々子孫は、その国章を拾い上げ、平等・自由・正義にイエスを、そして西側にノーの声をあげている」と集会において述べた。人民共和国の指導者達はDKR建国者アルチョーム同志のモニュメントに花を手向けた。
 100周年を記念し、宇ランドテーブル、展覧会、切手の発行、コンサート等のイベントが開かれた。
 ドネツク・クリヴォイログ・ソヴィエト共和国は、1918年1月30日(2月12日)にハリコフで開催された第4回ドネツク・クリヴォイログ炭田労働代議員ソビエトにおいて建国が宣言され、リーダーはキーロフやスターリンの友人であるフョードル・セルゲーエフ(アルチョーム同志)であった。共和国の領土は一か月後にウクライナ・ソヴィエト共和国に含まれ、1919年2月17日に事実上、消滅した。ドネツク・クリヴォイログ・ソヴィエト共和国には、今日のウクライナの両人民共和国領、ドニプロペトロフスク、ザポロジア州、そしてハリコフ、スゥミ、ヘルソン、ニコラエフ州の一部、ロシアのロストフ州の一部が含まれていた。首都はハリコフで、後にルガンスクに移った。
posted by 藤森信吉 at 12:07| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: