2017年12月28日

沿ドニエストル、チアスポリ空港稼働を求める

 こちらによると、沿ドニエストルはチアスポリ空港の開設許可をモルドヴァ、ウクライナ側に求めている。
 イグナチェフ・沿ドニエストル外相はイズヴェスチアとのインタビューにおいて、空港問題を、交渉の諸段階において提起する意向を示した。チアスポリ空港の利用は労働口および新しい輸送経路の点で重要であり、モルドヴァ側との間で調印された議定書には、人道・経済的性格の問題が最優先であると記されている。空港の開設は沿ドニエストル住民の利益にかなう、仮にモルドヴァ側と合意するのであれば、あとはICAOの決定のみであり、空港は専門家の調査によれば、飛行機の離着陸が可能な状態にある、空港の利用の障害は技術的なものではなく、モルドヴァ側の政治的な不本意である、と述べた。
 チラスポリの軍事空港を民間転換する計画は91年にあったが、92年の内戦により凍結され、99-2000にキシナウ空港改修時に沿ドニエストルの空港はモルドヴァの定期便が利用していた。この時期においてでさえ、チラスポリにはモルドヴァの入国係員と通関検査官が配置されていた。
--------
これは初耳。この記事のニュアンスからすると、沿ドニエストル側は、チアスポリ空港にモルドヴァ通関、入管が置かれることを許容するようだ。
posted by 藤森信吉 at 22:29| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: