2017年12月27日

ドネツク人民共和国、最低年金を引き上げ

 こちらによると、2018年1月1日から、ドネツク人民共和国は最低賃金を引き上げる。
 労働・社会政策大臣代行によると、年金最低支給額は174ルーブリ引き上げられ、2904ルーブリとなる。
2017年度、ドネツク人民共和国は二度にわたり年金を引き上げており、年始に2600ルーブリ、10月に2730ルーブリ、となっていた。
posted by 藤森信吉 at 11:11| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: