2017年12月23日

トランプ、ジャベリンをウクライナに売却承認か

 こちらによると、トランプ大統領はウクライナへの対戦車ミサイル売却を許可する可能性がある。
 国務省消息筋によると、対戦車ミサイルにはジャベリンも含まれる見込みで、トランプの対ロ関係改善に深刻な影響を与えることになる。総額4700万ドルの兵器契約には210の対戦車ミサイルと35の発射装置が含まれ、必要に応じて追加購入が可能である。
「アメリカはウクライナの長期的な防衛能力の建設、主権・領土保全の防衛とさらにる侵略に対する抑止のために防衛力を提供することにした。アメリカはミンスク合意にコミットし続ける」と国務省の報道官は述べた。ロシアはアメリカの兵器契約を批判しており、今週初めにはペスコフ・ロシア大統領報道官が「好戦的なウクライナ政府に好戦意欲を与える」として批判していた。



posted by 藤森信吉 at 13:15| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: