2017年09月02日

ロシア国民に対し生態認証パスポート導入

こちらによると、2018年1月1日から、ウクライナにとってリスクとなる国の国民の入国に際し、生態認証パスポートを導入する。
 ポロシェンコ大統領によると、三段階に分かれており、第一段階で、渡航目的を事前に申請し、第二段階として国境において生態認証パスポートもしくはデータを提示、第三段階として滞在住所を登録する。
 大統領は「このやり方は広く普及していると認識している。国が、ロシア側からの軍事的侵略を受けている場合、このやり方は正当化される。これにより、我々は国の安全保障レベルを引き上げる」と述べた。
---------
ネット右翼
posted by 藤森信吉 at 09:29| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: