2017年08月08日

ナフトガス社、ガスプロムへの請求額を上乗せ

 こちらによると、ナフトガス・ウクライナ社は、ストックホルム仲裁におけるガスプロムへの輸送契約に関する提訴で50億ドルを上乗せした。
 5チャンネルとのインタビューにおいて、ヴィトレンコ商業局長は、「輸送契約に関する提訴でガスプロムは我々に700万ドル程度を要求しているが、我々は130億ドルに50億ドルを上乗せした」と述べた。
 ナフトガスとガスプロムは、ロシア天然ガスの供給価格とガス輸送の2大問題をめぐって係争している。ナフトガスのガスプロムへの請求額は合計で425億ドル、他方ガスプロムのナフトガスへの請求額は471億ドルとなっている。5月31日にはロシアガスのウクライナ供給に関する決定が出されていた。
 ヴィトレンコ氏は、ガスプロムが将来的にウクライナ経由のガス輸送を行わない場合、ウクライナのガス輸送システムはウクライナ産天然ガスの輸出用に用いられることになると述べた。最新技術により、ウクライナは自給を満たすだけでなく、輸出に乗り出すこともできるという。
-------
 ロシア側は提訴取り下げが今後の輸送契約の前提、と言ってましたが、それに対するウクライナ側の回答か。
posted by 藤森信吉 at 10:03| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: