2017年08月02日

MGRES、上半期の発電量マイナス30%

 モルドヴァ国営地区発電所によると、2017年上半期の発電量は1440.537百万kWhで前年同期比マイナス30%だった。また2-6月にかけてガスタービンおよび第7,10,11号炉の改修を行っていたこと、2017年度の改修計画を遂行中であることも発表した。
-------
4月1日以降の輸出契約が失効、6月5日から70%契約回復、ということなので、おおよそ計算に合う。改修を行っているということは、まだまだ発電事業を続ける意思がある証拠か?
posted by 藤森信吉 at 00:31| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: