2017年07月22日

モルドヴァ議会、駐沿ドニエストル・ロシア部隊の撤収を要求

 こちらによると、21日、モルドヴァ議会はロシア部隊のモルドヴァ領からの撤退を求める宣言を採択した。
 カンドゥ議長は、冒頭、25年前の7月21日にモルドヴァはロシアとの間で沿ドニエストル和平条約を調印したことを引き合いに出した。これを受けて民主党がロシア部隊のモルドヴァ領からの撤退に関する宣言の採択を提案した。
 宣言文は「モルドヴァ議会はすべての当事者が本宣言を、平和的友好的性格の発露であり、我が国の発展とモルドヴァ領だけでなく全地域における平和と安定の維持の保証として検討するよう呼びかける」としている。
 定数101の内、61議員が賛成した。採択の際、社会党は抗議のため議場から退去した。ドドン大統領はfacebook上で「モルドヴァ製品の輸出、出稼ぎ、地域協力や教育・人道プログラムといった部門で、既にロシア政府との間で達成している成果を台無しにするものである」とし、ラゴージン副首相の来訪前夜の採択を挑発行為であると批判した。
-------
議会曰く、ロシア軍の駐留は「現行の軍事的中立国モルドヴァに反する」とのこと。ロシアとドドンが目指す「中立国モルドヴァ連邦」が実現した場合、駐留ロシア軍の扱いはどうなるのだろうか。
 
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 12:29| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: