2017年07月19日

小ロシア建国! 

 こちらによると、ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国と19のウクライナの地域は、小ロシア国創設を宣言した。
  「我々、ウクライナ(クリミア除く)の旧地域の代表はウクライナの法的後継国である『小ロシア』国家の創設を宣言する」と新憲法には記されている。ザハルチェンコ・ドネツク人民共和国元首は「ウクライナは破綻国であり、今後も住民に平和と福祉を提供できない」と述べた。
 ドンバスの他、ハリコフ、ドニプロペトロフスク、ザポロジア、ヘリソン、ニコラエフ、オデッサ、スゥミ、ポルタヴァ、チェルニゴフ、キロヴォグラード、キエフ、チェルカッスィ、ロヴノ、ヴォリン、チェルノポリ、イヴァノフランコフスク、リヴィウ各州およびキエフ市の代表が全会一致で憲法を支持した。
 小ロシア憲法によると、広範囲な自治権を持つ地域からなる連邦国家の首都はドネツクであり、キエフは特別な歴史的・文化的センターとして特別の地位を有する。小ロシア旗はボフダン・フメリニツキー旗になる。
 一方、ルガンスク人民共和国人民議会議長は、「ルガンスク人民共和国は代表団を送っておらず、そもそもこの問題について協議も合意もしていない。現在、ミンスク合意の履行が唯一の策である」と述べた。
-------
 両人民共和国ともクレムリンの合意なしに勝手な行動はできないので、何らかの指示が出ているのでしょう。どうなんですか、スルコーフさん?!
posted by 藤森信吉 at 00:14| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: