2017年06月12日

ドンバスで水不足の懸念

 国際赤十字委員会によると、ウクライナ東部で35万人以上が水道水不足に陥る可能性がある。
 駐ウクライナ国際赤十字委員会代表は「年始から、ドネツク浄水所は戦闘の影響で45日間、操業を停止しており、停戦ライン両側の住民への水道供給に影響を及ぼしている。また南ドンバス水道パイプラインは4か月間、操業を停止しており、80万人が自主的に避難している。早急な修繕が必要だ」と述べた。国際赤十字社は、ドネツク浄水所、第一ポンプステーションおよび南ドンバス水道パイプライン、さらには危険に晒されている重要なインフラ周辺を中立の安全地帯に指定するよう提案している。また赤十字社は、安全地帯設置に際し、両者間の中立的立場で活動する用意がある、としている。
posted by 藤森信吉 at 14:05| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: