2017年04月29日

ベラルーシとウクライナ、ヘトマン・オルリィク生誕345周年祝典を共同組織

 こちらによると、ベラルーシ・ウクライナ両国大統領は、ヘトマン・オルリィク生誕345周年祝典の組織について協議した。 
 ウクライナを実務訪問したルカシェンコ・ベラルーシ大統領は、ポロシェンコ大統領と会談した際、今日のベラルーシ領で生まれた「ウクライナ・ヘトマン」フィリプ・オルリィクの生誕345周年祝典の組織問題について協議した。ポロシェンコ大統領は、ヨーロッパにおける最初の憲法の起草者であるヘトマン・オルリィクの生誕記念日の重要性を強調し、今日のベラルーシ領で生まれたオルリィクの歴史的な日について今後も協議を重ねる、とした。
------
 都合がいい人物を見つけてきたな〜 ベラルーシと仲良くでき、かつヨーロッパ性も強調できる。ルカシェンコが「オルリィクはベラルーシ人だ、ウクライナ人ではない」と言い出さないのか。
posted by 藤森信吉 at 13:25| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: