2017年04月29日

OSCE「地雷は故意に仕掛けられた」

 こちらによると、OSCE
は、パトロール車の地雷爆発事故は故意に仕掛けられたものだ、との見解を示した。
 フグ・OSCE特別モニターミッション第一副代表は、記者会見において、23日にルガンシク州占領地域で起きたOSCEパトロール車の事故は、「明らかに地雷によるものであり、決して事故ではない。無差別の効果を生む兵器によるものであり、同地ではこれまで必要とされなかった兵器だ。誰かを殺傷するために設置されたものだ」と述べた。23日の事故では、アメリカ国籍の要員が死亡、ドイツ、チェコの要員が負傷した。アメリカは、ロシアに対し、OSCEが事故調査を行う可能性を与えるよう、人民共和国に影響力を発揮するよう求めている。
----------
特に地雷を設置するような激戦地ではなかった、ということのようです。
posted by 藤森信吉 at 11:15| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: