2017年04月14日

モルドヴァ首相「NATO加盟はない」

 こちらにフィリップ・モルドヴァ首相のインタビュー記事が掲載されているので興味深い点のみ紹介。
Q モルドヴァのEUへの道で障害は?
A ドドン大統領の野党だ。ドドン大統領自身、ヨーロッパへの道を捨てて、ユーラシア同盟とのパートナーシップといったような妄想的な提案をしている。また、ロシアと西側間の緊張が高まり、経済制裁等でモルドヴァに影響がある。モルドヴァ経済全般の状況も関係しており、貧困から抜け出せないとして市民の間に失望感が出ている。しかし、モルドヴァの国益はヨーロッパ化の継続にあり、その恩恵は明らかで、障害を恐れる必要はない。反ヨーロッパ勢力が政権に就くことが最大のリスクであり、議会の親欧連合にとって2018年選挙が重要となる。

Q NATO関係については
A モルドヴァは現在も将来も中立であるが、NATOの隣接国であり、互いに情報を交換するのは自然である。また軍の近代化の観点からも協力は自然だ。中立国であろうとも20世紀の軍隊で21世紀を過ごす訳にはいかない。在モルドヴァのNATO事務所についても中立に何ら反さない。
-------
ドドン大統領との意見の相違を隠すつもりは毛頭ないようです。
タグ:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 14:49| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: