2017年04月04日

モルドヴァ大統領、ユーラシア経済委員会とメモランダムに署名

 こちらによると、ドドン・モルドヴァ大統領とサルキシャン・ユーラシア経済委員会議長は、協力覚書に調印した。
 キシナウで「ユーラシア経済同盟-モルドヴァ」国際フォーラムが行われ、ドドン大統領とサルキシャン議長は、モルドヴァ・ユーラシア経済同盟間の協力覚書に調印した。
 ドドン大統領は、「経済同盟諸国との協力強化に利する」と述べ、長きにわたる歴史的人的関係を強調した。
 一方、フィリプ首相は、記者会見において、大統領の調印は法的効力がない、と述べた。首相は、憲法上、大統領の調印は議会の批准が必要とされる、とした。
--------
ロシアか、EUかをめぐって、モルドヴァ大統領と内閣との対立が激化中。フィリプ首相は、こちらのインタビューで、EU路線が最優先である、と大統領を批判。
 
タグ:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 21:03| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: