2017年04月02日

アフメトフ、モルドヴァに電力供給

 こちらによると、DTEK社がモルドヴァへの電力供給を行うことになった。
 3月末に国際入札が締め切られ、DTEK Trading社が落札に成功し、2017年4月1日から2018年3月31日まで、モルドヴァの電力需要の8割を供給する契約に調印した。DTEK社は50.2ドル/MWhを提示、他方、沿ドニエストルのMGRESは54.4ドルだった。モルドヴァ経済省の試算によると、その価格差は年3億レイ(1500万ドル)になる。
--------
DTEKはかのアフメトフの会社。
電力輸出は沿ドニエストルの貿易輸出額の35%を占めているので、その輸出市場を奪われることは「死」を意味します。ダンピングして新しい輸出先を探しますかね。いずれにしても、沿ドニエストルは大ピンチ。
posted by 藤森信吉 at 15:43| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: