2017年03月29日

キシナウ空港、利用者減少

 こちらによると、2016年度のキシナウ国際空港の利用者数は220万人だった。
 2015年比でマイナス2万人の220万人で、これは2009年以来の減少となった。離陸便が15%減少したこと、そして外国航空会社の利用客がマイナス5%であったことが響いている。また、105万人はモルドヴァの航空会社を、108万人が外国の航空会社を、8万人が非定期便を利用した。また、貨物輸送量は前年比マイナス4.5%、郵便輸送量もマイナス2.5%であった。



-------
2013年以降の急増はウクライナ要因(ウクライナ・ロシア便の廃止)と、おそらくEUビザなし渡航かと。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 14:20| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: