2017年03月27日

GUAM首相会議、開催

 こちらによると、キエフでGUAM政府首脳会議がキエフで開催され、2017年中にGUAM自由貿易圏を設置することで合意した、
 フロイスマン首相は、ウクライナとGUAM諸国とのサービスおよび商品の貿易は17億ドルに達しているが、その潜在性を発揮するには至っていない、今年度中に自由貿易圏の設置条約を準備することになる、と述べた。
 これとは別にGUAM諸国は「新シルクロード」枠内での輸送インフラの発展問題についても協議した。
 また、各国首相は共同宣言に調印した。
 共同宣言内では、GUAM諸国領内で起きている紛争に対し主権、領土保全、国際的に承認された国境を基礎にコミットを続けること、領土は他国の武力占領の対象ではないことを再確認した。



-----
共同声明も触れているが、全ての加盟国が国土の一部を占領されている状態にある、という酷い有様。あと気になるのは、会議の共通言語。特にモルドヴァあたりはロシア語使わないと通訳できないのでは。
posted by 藤森信吉 at 22:47| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: