2017年03月09日

クリミア政府、アフメトフ資産を強制買収

 こちらによると、クリミア政府は、 ケルチ転轍機工場と、ケルチ冶金コンビナートの強制買収を決定した。
 両企業は、新設のケルチ冶金工場の傘下に入ることになる。クリミア政府は一時的に資産を管理するだけで、同企業は財産目録を作成し、買い手のための資産価値を算定する。
両企業は19世紀末、カムィシ・ブルンスキー鉄鉱山産の鉄鉱石を精錬するために建設され、ウクライナ時代には、以前の体裁を失っていた。
 買収される企業は、アフメトフ系の企業であり、以前にもクリミアにおけるアフメトフ企業-ウクルトレコムとDTEKクリムエネルゴの国有化が議会によって宣言されている。買収額については、明らかにされていない。
-------
価値なさそうな屑工場を買収して転売益を得ようという魂胆か? 
 
 
posted by 藤森信吉 at 20:53| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: