2016年12月29日

ロシア外交 2016年総括

ロシア外務省は2016年の総括を発表したので、関連個所のみ紹介。
・ウクライナ内外の情勢は依然としてロシアの安全保障・利益に直接影響を与えている。
ウクライナ政権はミンスク合意の履行をサボタージュしている。
・沿ドニエストル問題は関係者が交渉のテーブルの戻ることにより、5+2が2年ぶりに再会された。
両岸で大統領が代わったことにより、将来の問題解決に肯定的な勢いがつけられている。
・全欧州的問題におけるOSCEの役割を支持している。OSCEはウクライナ問題に関するミンスク・コンタクトグループを編成し、特別モニターミッション(SMM)が派遣されている。
・ウクライナ領経由のロシア・ガス輸送に問題がある状況下において、トルコ・ストリーム、ノルド2、シベリアの力 といったプロジェクトに傾注している。
・外国のロシア・ディアスポラの立場強化、彼らの歴史的故郷との関係の維持のために包括的な作業を行った。同胞の権利保護が優先事項であり、OSCE資源を活用して、ウクライナやバルト諸国に住むロシア語系住民の状況に注意を向けている。
--------
意外に「ウクライナ」という単語が多く登場。
posted by 藤森信吉 at 11:57| Comment(0) | ロシア外務省ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: