2015年04月26日

欧州委員会、ガスプロムに異議告知書を送付

 数日前のニュースだが忘備録として。
 こちらによると、欧州委員会は、ガスプロムに対し異議告知書を送付した。それによると、ガスプロム社は中・東欧における独占的な市場地位を濫用しEUの独禁法に違反している、としている。ブルガリア、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトヴィア、リトアニア、ポーランド、スロヴァキアの8か国で、ガスプロムのシェアは50-100%であり、市場の競争を妨害している。








-------
 ガスプロムが高値を押し付けてきた、としてストックホルムに訴えているウクライナも大喜び。ウクライナにEU加盟のメリットが一つ加わったことは確実、安いガスがEU加盟動機、というはちょっと前までは考えられなかった現象だ。
posted by 藤森信吉 at 12:55| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: