2020年11月28日

バカーイに判決、下る

 こちらによると、バカーイ元ナフトガス・ウクライナ社長が禁固4年(執行猶予4年)の判決を受けた。
 モスクワのバサマンヌィ地区裁は、イーゴリ・バカーイを大規模詐欺罪の主犯と認定した。バカーイは、ローンを偽ってメタロインペスト社から1200万ドルをだまし取った嫌疑で2017年10月に逮捕されていた。ロシア内務省によると、バカーイの事件の被害額は6億3000万ルーブリにのぼるという。バカーイは2005年にロシア国籍を取得している。
----------
 ガストレイダーとして名を馳せたイーゴリ・バカーイ(ロシア語表記w)だが、ただの詐欺師だったようだ。というか、こんな奴をナフトガス・ウクライナのトップに据えるなよ、クチマ。
posted by 藤森信吉 at 20:40| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする