2020年11月24日

ドンバス紛争に関する世論調査

 こちらにドンバス和平に関する世論調査結果が掲載されているので、興味深い点をピックアップ。
・ラズムコフセンターによる世論調査、2020年10月16-22日、クリミアおよびドンバス被占領地域除くウクライナ全土、2021名を対象。
・ゼレンシキー大統領のドンバス和平に関する言動について 肯定的評価37.1%、関心なし10.7%、否定的41.9%、回答困難10.3%
・大統領にとって最も重要な課題は ドンバス和平46.0%、経済43.6%、政権上層部の汚職対策32.0%、コロナ対策26.3%、前政権の汚職対策25.1%(以下略)
・ドンバス紛争とは ウクライナ・ロシア間の紛争64.6%、ウクライナの内戦16.3%、その他5.5%、回答困難13.7%
・(ウクライナ・ロシア間紛争と回答した層で) 紛争におけるロシアの目的は 
 ウクライナのコントロール68.0%、ドンバスのコントロール21.1%、その他3.6%、回答困難7.3%
・ドンバス被占領地域(ОРДЛО)を分離独立させる案
 望ましい4.2%、許容できる18.0%、許容できない60.6%、回答困難17.1%
・ドンバス被占領地域をロシア連邦に編入させる案
 望ましい2.6%、許容できる12.6%、許容できない69.1%、回答困難15.7%
・被占領地域の地位を問う全ウクライナ国民投票を実施すべきか  賛成42.9%、反対40.7%、回答困難16.3%
・ゼレンシキーはプーチンと対話すべきか
 ドンバス停戦のために不可欠44.8%、ウクライナの国益を損なう20.2%、停戦をもたらさないし国益も損なわない19.4%、回答困難15.6%
・被占領地域の住民の雰囲気はどのようなものだと思うか
 ウクライナの一部(特別な地位なしの戦争前の状態)29.5%、ウクライナから分離(独立、ロシア編入)22.2%、特別な地位でウクライナの一部20.4%、回答困難27.9%
・占領地域の状況の情報源は
 ウクライナのテレビ局75.3%、SNS35.3%、ウクライナのネットニュース27.1%、家族、知人、隣人、同僚22.6%、(中略)ロシアのテレビ局5.6%
---------
 コロナ禍においても、ドンバス和平が最重要、という点が非常に重い。調査は非常に広範囲にわたっているので、興味ある方は是非原典(ウクライナ語だけど)にあたってください。
posted by 藤森信吉 at 23:20| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする