2020年11月22日

ドドン、モルドヴァ・ルーマニア二重国籍を批判

 こちらによると、ドドン現モルドヴァ大統領は、大統領職の二重国籍禁止を提起した。
 ドドン現大統領は、SNSのライブ配信において「私は一度たりとも他国籍を保有したことがない。一国の大統領は一つの国籍だけを持つべきだと思う。他国籍を保有する者は大統領に立候補できない法を考えるべきだ」と述べた。また、ルーマニアとの関係について、ヨハンス大統領は、「サンドゥを支持していた。ルーマニア国籍保有者がモルドヴァ大統領になってさぞ喜んでいることだろう」と強調した。大統領の二重国籍禁止法について「斯様な制限は例えば、情報安全局法にある。多国籍保有者は同局で勤務できない」と述べた。元モルドヴァ大統領のティモフティはルーマニア国籍を保有している。ドドンは2016年大統領選挙において、大統領職の二重国籍禁止を公約していた。しかしながら、斯様な禁止は、モルドヴァも批准している「人権と基本的自由の保護のための条約」に反しているため導入不可能であるともドドンは述べていた。
 ドドン率いるモルドヴァ社会党において、37議員のうち10議員はルーマニア国籍保有者であり、またキク現首相や大臣職の多くはロシア国籍を保有している。
------------
モルドヴァのような国で単一国籍者は無能と思われそう。
posted by 藤森信吉 at 17:25| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする