2020年11月17日

クリミアの水事情、さらに悪化

 こちらによると、クリミアで新たな給水制限が導入される。
 国営企業Voda Kryma社は、貯水レベルの危機的低下により、17日から、シンフェローポリ市に新たな給水制限のテスト措置を導入することになった。この結果、住民は一日四時間のみしか水道を利用できないことになる。火〜木曜日は6-8時と18-20時、金〜日曜日は、18時から22時の間のみ水道が供給される。給水制限は8月24日から導入されており、一日6時間のみ利用可能となっている。
--------
 トイレの水を流せないのがね・・・突然の断水、停電によるポンプ停止とか頻繁にあったので、ペットボトルに水道水をつめて常備するのは、かつてのキエフ生活では常識でしたが
 
posted by 藤森信吉 at 12:29| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする