2020年11月14日

沿ドニエストル住民、決選投票にも参加できる

 こちらによると、モルドヴァ国籍を持つ沿ドニエストル住民は、15日のモルドヴァ大統領選挙の投票に参加できる。
 沿ドニエストル内務省によると、モルドヴァ国内のコロナウィルス蔓延を考慮して、沿ドニエストル国民は以下の要請を遵守する必要がある
・通過ポイントにおいてモルドヴァ国籍を証明する書類を提示すること
・投票のための自由渡航は15日朝7時からとなる
・沿ドニエストルへの帰還は22時までとし、投票を行ったスタンプを提示する。これ以外の帰還者は二週間の自己隔離とする。
---------
 沿ドニエストル内のモルドヴァ国籍保有者は24.7万人とのこと。
決選投票で不利が予想されるドドン大統領としては沿ドニエストルからの動員は不可欠。というか、この期に及んで12日にモルドヴァ副首相が沿ドニエストルを訪問してクラスノセリスキーと会談したりして、非常に生々しいです。投票日直前の「最後のお願いに参りました」としか思えません。
posted by 藤森信吉 at 17:05| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする