2020年11月12日

ロシア、駐ウクライナ通商代表部を廃止

 こちらによると、ロシア政府は駐ラトビアおよび駐ウクライナの通商代表部を閉鎖する決定を下した。
 閉鎖はロシア産業貿易省の在外活動の最適化政策の一環であり、またウクライナ閣僚会議が8月に決定した通商代表部相互設置に関する二国間合意の解消決定に関連したものでもある。これに関連して、ウクライナ外相はツイッター上で「ウクライナは外務省主導のもとで通商代表部に関する二国間合意の破棄を三か月前に行っている。ロシアが自ら代表部を閉鎖することに反対しない」と記した。
posted by 藤森信吉 at 20:38| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする