2020年11月08日

ウクライナからEUへの「ガス再輸出」、はじまる

 こちらによると、ウクライナからEUへの史上初のガス再輸出が開始された。
 ウクライナ・ガス輸送システムオペレーター社のマコゴン社長はfacebookに、ウクライナは上10か月間において61億m3をshorthaul体制でEUから輸送したが、ほぼ全量が地下ガス貯蔵庫にあり、10月に1500万m3がヨーロッパ諸国に再輸出された。以前は輸送と輸入のみだったが、今や再輸出も行われている」と記した。shorthaulにより5億フリブナが同社に新たにもたらされた。コボリェフ・ナフトガスウクライナ社長は「ウクライナの地下ガス貯蔵庫の魅力的な条件により、過去10年間で最高の283億m3、90%がガスで満たされており、内100億m3は外国オペレーター企業によるものである、と述べた。ウクライナ・ガス輸送システムオペレーター社によると、2020年上10か月間でshorthaul体制によりスロヴァキアから41億m3、ハンガリーから15億m3、ポーランドから5億m3が輸送されている。
 ウクライナのshorthaulは2020年1月1日に投入され、ウクライナ経由でポーランド、ハンガリー、スロヴァキア、ルーマニアへ輸送する企業は、特別料金が適用される。「保税倉庫」サービスは、ウクライナ地下ガス貯蔵庫を利用するのに魅力的な条件となっている。124358373_3423281224431690_2430043403112038675_o.png
-----------
EU市場のガス価格の変動を見ながら、通関切らないでウクライナの地下ガス貯蔵後に保管しておくサービスのようです。年始にガスプロムとの輸送契約が切れたので色々なサービスが可能に。90年代からガスプロムのガスとかトルクメニスタンのガスがヨーロッパに再輸出されていたとかは禁句。
posted by 藤森信吉 at 20:30| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする