2020年10月24日

プーチン、モルドヴァを語る

 こちらによると、プーチン大統領は「モルドヴァ経済はロシアに依存しており、自律していない」と述べた。
 ヴァルダイ会議において、プーチン大統領は、モルドヴァ大統領選挙戦に言及し「我々はモルドヴァ人民の民主主義の発展、他国との経済発展における欲求を承知している。しかしモルドヴァ産ワインなど誰が買うのだろうか? フランスでモルドヴァ・ワインが売れるのか? ワインだけでなくその他の経済分野でもロシアと結びついていて、ロシア市場以外ではモルドヴァ産は需要がない。モルドヴァ大統領選挙では、モルドヴァの人々が、現職がロシアとの関係構築を実践していることを考慮してくれることを期待している」と述べた。
--------
 優勢が伝えられるドドン大統領に露骨な援護射撃。因みに、2019年統計によると、モルドヴァ産ワインの最大の輸入国(量)はルーマニアで、ロシアは第三位、金額では第五位。
posted by 藤森信吉 at 13:52| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする