2020年10月22日

プーチン、クリミアの海水淡水化施設の建設に本腰

 こちらによると、ロシアはウクライナに依存せずにクリミアに水を供給する意向を示した。
 ペスコフ大統領報道官は、ジャーナリストとの会談において、クリミアの水不足問題についてロシア政府の姿勢を問われ「クリミア半島への水供給問題を交渉課題から落としているのはウクライナ側であり、ウクライナ側が蛇口を閉じてしまっている。ロシアは実行力がある国であり、ウクライナなしにクリミアへの水供給を成し遂げる」と述べた。また、プーチン大統領が、フスヌリン副首相とクリミアの水道問題、海水淡水化施設の建設について協議したことを明らかにした。フスヌリン副首相は、経済的社会的効果等を確認し、また料金等も検討して最終決定を行う、と述べた。
posted by 藤森信吉 at 22:39| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする