2020年09月24日

沿ドニエストル、12月まで鎖国延長

 こちらによると、沿ドニエストルは12月1日まで入国・出国制限を継続する。
 クラスノセリスキー大統領は、沿ドニエストル領におけるコロナ・ウィルス蔓延を防ぐ措置法の有効期限を9月30日から12月1日に延長する大統領令に署名し、議会が可決した。チェバタリ・内務省法務部局長は「残念ながら、措置にも関わらずコロナウィルス蔓延の脅威は残っており、昨日だけで125名が新たに罹患した」と法案を説明した。決定によると、沿ドニエストル住民の出国と外国人の入国が一時的に限定される。
最新のデータによると、沿ドニエストルでは3256名が罹患、2186名が回復し85名が死亡している。
 ドドン・モルドヴァ大統領は、沿ドニエストル側の移動自由制限に対し遺憾の意を表明していた。沿ドニエストル側の決定により、住民がモルドヴァ大統領選挙に参加する可能性が排除されたことになる。ドドン大統領は、また、ドニエストル左岸のモルドヴァ市民が大統領選挙に参加できないことが大統領選挙の不成立につながることはない、とも指摘した。
--------
 なるほど、沿ドニエストル側からの越境投票と関連する問題なのか。過去、沿ドニエストルからの越境投票は動員がかかっており、特定の候補者に投票していたのだが、秋のモルドヴァ大統領選挙で沿ドニエストル側はどちらの候補者を支持する予定だったのだろうか。
posted by 藤森信吉 at 22:44| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする