2020年09月23日

ドンバス・クリミア避難民の4割、故郷に戻るつもりなし

こちらによると、クリミア・ドンバス被占領地域からの避難民の4割は、紛争終結後も故郷に戻るつもりがない、と回答した。
 2020年4-6月、ウクライナ全土の避難民に対する電話インタビュー調査、2401+3708名
・2020年7月時点で、ウクライナ社会政策省の統計によると、ウクライナ全土に1448615人の避難民が登録。
・家族構成 1人25%、2人35%、3人22%、4人以上18%、子持ちの家族は40%、障害者持ちの家族は14%
・近いうちにかつての居住地に戻るつもりがある1%、紛争終結後(після завершення конфлікту)に戻るつもりがある19%、将来的には戻りたい15%、戻るつもりはない39%、回答困難25%
-------
 大家族だと避難は困難になるので、当然のように避難民の家族構成は少数となる。
「戻らない」と回答している4割は、紛争は終結しない、被占領は解消されない、再統合されても故郷はボロボロなので戻りたくない、といったあたりだろうか。その他、興味深いデータがたくさん掲載されているので是非一読を(ウクライナ語ですが)。
posted by 藤森信吉 at 20:24| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする