2020年09月04日

ウンゲニ・キシナウ、ついに完工

 こちらによると、ウンゲニ・キシナウ・ガスパイプラインが完工した。
 120km長のパイプラインは年15億m3を輸送する能力がある。2021年にルーマニアの投資によりオネシュティ・ゲラエシュティ区間(165km)および2つの加圧基地が完工すると、輸送能力は22億m3になる。その場合、本パイプラインはモルドヴァ(沿ドニエストル含む)の年平均ガス消費の75%をカバー、また冬季のピーク時にその60%をカバーできることになる。第一ステージにおいては、150万m3/日のガスがモルドヴァに輸送され、2020年12月1日までには300万m3に増強される。加圧基地と調整基地が設置された後、2021年1月1日までに400万m3となる。ウンゲニ・キシナウ・パイプラインの工事は2019年2月18日に開始され、プロジェクトの概算費用は8000万ユーロである。



--------
理論上、モルドヴァはロシアなしに必要な天然ガスを確保できることになる。モルドヴァ側がガスプロムとの契約を切ると沿ドニエストルを完全に干すことができるが、そうなると沿ドニエストルの発電が止まって電力が来なくなるので、当分はだらだらした関係(沿ドニエストルがガスプロムのガスをタダで利用)が続けられるでしょう。
posted by 藤森信吉 at 13:25| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする