2020年08月31日

フォーキン、妥協の可能性を語る

 こちらによると、フォーキン三者コンタクトグループ会議ウクライナ第一副代表のインタビュー記事が掲載されているので、簡単に紹介。
 8月18日、独立ウクライナの最初の首相であるフォーキンが、ドンバス和平三者コンタクトグループ会議ウクライナ第一副代表に就任した。フォーキン氏に、ロシア、人民共和国との妥協の可能性を聞いてみた。
・「私は自らの体験でドンバスを知っている。16歳になる前から坑道に降りている。ドンバスは、単なる故郷以上のものであり、私の人生の哲学でもある。炭鉱夫は、独特の人々であり特徴がある。彼らが決起しているとき、押しとどめるのは非常に困難だ」
「ミンスク合意は和平の唯一の道である。ドンバスは破壊され、エコロジー危機が進行している。多くの炭鉱は浸水し破棄されている。貯水槽はあふれており、早急な清掃作業の組織が求められる。放置すれば河川にあふれ出し、アゾフ海、黒海を汚染する。皆は無視しているがチェルノブイリ以上の災害となる」
「ウクライナ最高会議は国境コントロールが回復した後に非統治地域における地方選挙を行う、というミンスク合意に反する決議を行っている。さらにはウクライナ中央選管はウクライナ側がコントロールするドンバス地域の地方選挙実施も拒否している。クラフチュク代表は三者会議において、ウクライナ最高会議に対し見直しを求める要請を行う、と述べた。私はクラフチュクの立場と完全に同意である」
Q「ロシアから最後通告を突き付けられたのか」
「最後通告とは感じていない。会議の最初にはそのようなゲームがあった。グリズロフが、ミンスク合意第四項について協議しよう、と言ったが、クラフチュクは、ウクライナ最高会議に対する要請文を出すことを提案し、行き詰まりから抜け出すことができた」
Q「最高会議は決議の変更に賛成していないが」
「最高会議のいくつかの会派はドンバス和平の平和的解決に興味がないようだ」
Q「クラフチュク氏はキエフがコントロールしない地域の住民とのコミュニケーション確立が貴殿の役割である、と言っているが」
「私の仕事の90%はキエフがコントロールする地域の住民や指導者との対話準備に費やされている。直接、見聞きしたい。安全が確保されるなら、キエフが統治しないドンバスへ直接訪問する用意もある」
Q「改憲については。また行き詰まりになるのでは」
「ロシア、ドンバス側との交渉は相互に譲歩するものでなくてはならない。大赦を要求するなら、特別な地位のための改憲要求を引っ込めなければならない」
Q「ミンスク合意が履行されドンバスに和平が訪れ、ウクライナに戻るのはいつになるか」
「すべての敵対勢力の意向が重要である。ロシアもEU制裁を解除されるためには和平を望んでいる。賢明な交渉が続けられるなら、和平は早く達成される。ドンバスは過去も今もウクライナの一部である」



----------
 ロシア側に「早く解決したい」とのシグナルが出ていたのでしょうか。しかし、デスク上にPCが見当たりないな。さすがに87歳の老人にPCは使えないか。
posted by 藤森信吉 at 16:28| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

イロバイシク6周年

 こちらによると、イロバイシクの戦いでの兵力差は1:10以上だった。
 マティオス前軍事検察官は、「8月29日に、イロバイシクでウクライナ軍は大敗を喫し、30日には僅か168名がキエフ〜イロバイシク間で古いジルのトラックに乗って軽武装で戦える状態であった、戦闘の 調査は二年以内に終了したが、真実をまずく思う人がいるようで、法廷にすべての資料が提出された訳ではない」として、いくつかの赤裸々なデータを挙げて世論を喚起している。
・8月23-24日にウクライナのイロバイシク地区にロシア側から侵入したロシア軍の規模
 9つの戦術群: 兵力3500名、戦車最大60両、歩兵戦闘車最大320両、カノン砲最大60門、迫撃砲最大45門、携帯式防空ミサイル5器
・イロバイシクで対峙したウクライナ軍対ロシア軍・DNR・LNR軍の比
兵力1:18、戦車1:11、装甲車1:16、火砲1:15、グラド1:24
・ウクライナ東部国境に沿って展開していたロシア軍
戦車 最大160両、歩兵戦闘車最大1360両、火砲システム最大350門、多段ロケットランチャー130ユニット 航空戦力192機、ヘリコプター137機
---------
 一方的にアウトレンジ攻撃されたとか、撤退路に集中砲火を浴びせられたとか、撤退する足がなくてそのへんで乗用車に分乗したりして逃げ帰ったとか話が伝わっているが、改めてデータだけ見ても悲惨。1:10とか、戦わずして撤退か投降レベル。しかも練度も装備も段違い。松里公孝教授によると、ドネツクではロシア軍の越境日時は数日前から周知だったとのこと。あと、これだけの規模のロシア軍が国境に展開していると、素人考えでは事前にどこかの国の監視衛星が察知して情報提供してくれるはずなんだけど。


posted by 藤森信吉 at 20:47| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

ウクライナ、南進

 こちらによると、ウクライナはギリシャやトルコ経由で天然ガス輸入が可能となっている。
 マコホン・ガス輸送システム・オペレーター社長によると、2020年1月1日以降、リバース輸送は技術的・法的に可能となっており、今やウクライナの輸入業者はブルガリア、ルーマニアのガス輸送システムを利用してギリシャから輸入することもできる。マコホン氏は「南からのガス輸入は、ウクライナのエネルギー供給源および供給ルートの多元化の意味がある。トランス・バルカンルートでのリバース輸入は、ギリシャやトルコのLNG基地、さらにはカスピ海諸国からのパイプラインへウクライナがアクセスできることを意味している。同時にトルコストリーム稼働後、ロシアからウクライナ〜モルドヴア・ルーマニアへのガス輸送量は70%減となっているため、リバース輸入できる余地が出ている。これはウクライナのエネルギー安全保障の新たな一因となる」と述べた。一方で、南からのガス輸入は、モルドヴァのガス輸送システムオペレーターとの契約が必要であり、目下、ウクライナ、ブルガリア、ルーマニア、モルドヴァのオペレーター企業はこの方針を発展すべく協議中である、とも指摘した。ウクライナとルーマニアのオペレーター企業は2019年末にヨーロッパ規則に基づいた技術的な合意書に調印しており、ウクライナ・モルドヴァ間でも同様の合意が得られている。



-----------
ガスプロムが「トルコストリーム稼働でウクライナを干した」と思っていたら、実はウクライナを潤していた図。
posted by 藤森信吉 at 12:21| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

クラフチューク、クリミアに水道供給の用意

 こちらによると、クラフチュークは人道的危機の際にはクリミアに水を供給する用意があると述べた。
 Radio Svobodaとのインタビューにおいて、クラフチュク・三者コンタクト会議ウクライナ代表団長・初代ウクライナ大統領は、「クリミアを占領している国は100%、必要な物資を住民に供給しなければならないが、クリミアにはウクライナ人が住んでいる。水に関連した人道的危機が生じた際には、供給することが可能だ」と述べた。その一方で、いかなる場合もクリミア半島上の軍事基地には供給しない、しかし一般住民向けと、企業・軍事基地向けを別けることができるのか分からない、と述べた。
---------
「クリミアに水供給してドンバスの譲歩を引き出す」という論争を思い出す。クリミアでは、8月24日から取水制限
posted by 藤森信吉 at 11:11| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

人民共和国住民、ロシア国籍パスポートを続々取得

こちらによると、ドネツク人民共和国では既に13万人がロシア国籍を受領済である。
 「ロシア国旗の日」において、プシリン元首は「ロシア国旗の日とは、あらゆるロシア人が居住地を問わず結束する日である。ブーチン大統領の国籍受領簡素化令のおかげで既に13万人以上の共和国住民が完全なロシア国民となった。ドンバスは偉大なロシアの一部であると心から思っている」と述べた。
 また、こちらによると、ルガンスク人民共和国の住民12万4千人が既にロシア国籍を受領済である。
---------
両人民共和国合わせて 一年で20万人のペース。このままでいくと、全ての住民(14歳以上だっけ)にロシア国籍パスポートが行き渡るのは15年後。
posted by 藤森信吉 at 12:17| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

ドドン、ロシア製ワクチン接種の用意あり

 こちらによると、ドドン・モルドヴァ大統領は、ロシア製コロナワクチンを受ける用意がある、と述べた。
 ドドン大統領は目下、ロシア訪問中であるが、21日放送の「大統領が答える」内において、「モルドヴァ国民の中で最初にワクチンを受ける用意がある」と述べた。さらに斯様な行動が「モルドヴァ政府内を含む国民間にある疑念」を払拭することになる、「モルドヴァにこのワクチンが早く届くことになるのであれば、私は自らの健康をリスクにさらす用意がある」と強調した。
 8月にプーチン大統領が、世界初のコロナワクチン認可を発表すると、その翌日にはドドン大統領が、モルドヴァは公式にロシアにワクチン受領を求めた、と述べていた。

--------
 犬ではなくモルモットだったのか・・・しかし、何やら、ロシア製ワクチンを受けることが忠誠心の証となっている感がある。ロシア全土の自治体間で接種率の競争とかありそう。
posted by 藤森信吉 at 15:43| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

ウクライナ政府、ウマニ巡礼を制限

 ウクライナは、ローシュ・ハッシャーナー祭の外国人のウマニ訪問を制限する措置をとった。
 アヴァコフ内相は、コロナ対策の一環として、ウマニの外国人訪問を制限する措置を導入し、閣僚会議の支持を受けた、と述べた。
内相は、ウマニへは諸国から3-5万人のハシディズム信者が3日の祭のためにウマニを訪問しているが、これはコロナ禍においては、参加者だけでなく地元住民への蔓延リスクが高まることになる、と指摘した。また、「諸人民・宗教コミュニティーの伝統を尊重し、毎年、最上の安全水準を保つよう努力しているが、ここ数週間、コロナ罹患者が急増しており、他国でも同様の傾向が見られることから、特に外国人が参加する大規模イベントの組織・開催を許可しないとの結論に至った」「内務省はウクライナ正教会および正教会モスクワ主教座とも同様の合意に至っており、ハシディズムのコミュニティー代表も理解してくれることを願う。ウマニ防疫のため内務省はあらゆる技術的な措置を講じる」と述べた。
posted by 藤森信吉 at 15:39| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モルドヴァの上半期石油製品輸入統計

 こちらによると、2020年上半期のモルドウァの石油製品輸入量は前年同期比1.1%増だった。
 モルトドヴァは同期間中、38万1900トンの石油製品を輸入したが、内ディーゼルは26.87万トンから28.07万トンにぞうか、他方でガソリンは8万トンから7.24万トンへ、LPGも2.88万トンから2.86万トンへ減少した。
 ガソリンの供給国はルーマニアでシェア100%、ディーゼルのシェアは74.4%だった。また、LPGの主要供給国はカザフスタン(53.8%)で、これまでトップだったロシアは、21.3%(22.2ポイント減)で、ルーマニア(23%)に抜かれて3位に転落。この他、ベラルーシやブルガリアからも原油製品は輸入されている。
 モルドヴァでは19社がガソリン・ディーゼルの輸入・卸売りのライセンスを有しており、12社がLPGのライセンスを有している。モルドヴァ領内には704のガソリンスタンドがあり、内504は全ての石油製品を取り扱っている。
--------
 単価が急落したので、輸入量は保たれているとのこと。ロシアからの輸入量低下の理由は何だろうか。因みにモルドヴァには製油所がありません。
posted by 藤森信吉 at 14:55| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

ドネツク人民共和国、ロシア製ワクチン受領を希望

 こちらによると、ドネツク人民共和国は、ロシアのコロナワクチンの最初の受領者になる予定である。
 プシリン元首が国営炭鉱を訪問した際、従業員に「ロシアは政治的・人道的援助を行ってくれている。ワクチン割当を大いに希望している。領土内に十分なワクチンが行き渡ることを期待している。無制限に行き渡ることが重要だ」と述べた。また、目下、ワクチンを受けられる第一陣の国民-教員、医療関係者が含まれる、を検討している、とした。8月15日現在、ドネツク人民共和国では累積で2084名の罹患者がおり、117名が亡くなっている。
--------------
 人民共和国はロシアの兵器・社会政策の実験場と化しているから、ワクチンも先に実験しないと
posted by 藤森信吉 at 21:19| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

沿ドニエストル、財政赤字拡大

 こちらによると2020年度補正予算案が発効した。
 コロナ禍により想定外の支出が2億5000万沿ドニエストルルーブリ(1550万ドル)膨らんだことによるものである。クラスノセリスキー大統領が署名した予算案によると、歳入は1.59億ルーブリ減の29億1100万ルーブリ、歳出は2500万ルーブリ増の53億3700万ルーブリであった。歳入減は、輸出減と自粛措置によるもので、追加的な歳入源がないため、資金の再配分を余儀なくされており、設備投資、観光奨励、若年家族支援費等が削られた。
 赤字の穴埋め財源は明らかにされていない。通例では、この目的のために、ガス徴収代から支出される。2009年以来、沿ドニエストルはロシアに対しガス使用料を払っていない。
--------
 沿ドニエストルは、ガスプロムに輸入代金を払っていないのだが、国内では消費者からガス料金を徴収しており、このプールが財源に転用される。
posted by 藤森信吉 at 11:22| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

クラフチューク、妥協案を提起

 こちらによると、ドネツク人民共和国はクラフチュークの妥協案を時代遅れ、と批判した。
 3日、クラフチューク・ウクライナ代表は、ドンバスに「特別管理システム」案の用意があることを明らかにした。また、自由経済圏の地位を与える案についてもミンスクで協議する用意があるとした。これに対し、ビジョーフカ・ドネツク人民共和国人民ソビエト議長は「2014年頃にしきりに議論されたものであるが、今日では意味を持たない。クラフチュークの議論は時代遅れだ。今日、ウクライナがミンスク合意の政治部門を履行することが重要であり、クラフチュークの声明からはそのような意思が見られない」と指摘した。
---------
 1992-93年頃、クラフチユクはウクライナの各地域に自由貿易圏を設置する話をしていたような・・・
posted by 藤森信吉 at 13:02| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

コロモイシキーの在米資産、差し押さえ

 アメリカ司法省によると、フロリダ州南部地区連邦地方裁判所は資金洗浄違反でコロモイシキーの不動産資産を差押え対象財産に指定した。 
 旧プリヴァトバンク所有者のコロモイシキー、ボホリュボフ両氏は銀行の数億ドルを2008-16年間に横流したが、プリヴァトバンクのキプロス支店のペーパーカンパニー口座を経由してアメリカに送金、マイアミの事務所を舞台にして全米各地で億ドル規模の不動産資産を買いあさった。
--------
 ググったら、かなり前から話題になっていたようです。
https://forward.com/news/longform/440219/florida-chabad-lubavitch-miami-charities-money-laundering-optima-schemes/
https://www.prnewswire.com/news-releases/kasowitz-benson-torres-llp-miami-businessmen-korf-and-laber-file-motion-to-dismiss-suit-filed-by-ukrainian-bank-in-delaware-300885308.html
posted by 藤森信吉 at 13:34| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

クリミア、やっぱり水不足

 こちらによるとクリミアの貯水量は7500万km3であった。
 クリミア水文気象センターによると、8月初時点での貯水量は7500万km3で前月比845万km3の減少であった。また、前年同月比では、8800万km3マイナスであった。前年同月の貯水量は1億6370万km3であった。
 既にシンフェローポリ地区ミルノフスキー村には、水不足による緊急事態宣言が出されていた。同村に飲料水を供給していた井戸は枯れてしまっている。
--------
 観光客が水を浪費している、というニュースを紹介しが、今年の夏は観光客がいなくても水不足。
posted by 藤森信吉 at 17:26| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

フォーキンもミンスク和平会議に参加

 こちらによると、フォーキン元首相が三者コンタクト会議ウクライナ代表団に加わる。
 フォーキン氏は「三者コンタクト会議への参加要請は非常に重いものだ。ネットでは老人グループと揶揄されているが、人生の最期において愛する祖国をお助けできることは光栄と感じて参加することにした」と述べた。この決定は8月3日に、エルマーク・大統領事務局長官との会談において下されたという。7月31日に、三者コンタクトグループ・ウクライナ代表団長クラフチュークは、ドンバスをよく知るフォーキン元首相を代表団に加える交渉をしている、と述べていた。
 フォーキン氏は1990-92年までウクライナ閣僚会議を率いていた。
--------
 wikipediaで経歴を見ると、ドンバスの炭鉱でキャリアを積んでいますな。しかし本ブログでフォーキンに言及した途端にこれだよ。冴えているなw あとズレンコ元外相も参加すれば、ベロヴェジ・チームの再結成(何の意味があるかは不明)。
posted by 藤森信吉 at 15:01| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月04日

沿ドニエストル、出国申請殺到

 こちらによると、沿ドニエストルからの出国申請が殺到している。
 沿ドニエストルのオペレーション本部が、8月1日以降の国際旅客路線の再開を決定したことに関連し、四日間で、地域危機センターには出国許可を求める申請数が4千あまりに達し、3千件が許可された。
 ウィルスを沿ドニエストルに持ち込む危険性から、沿ドニエストル域外への12時間を超える出国は公共手段によるものを含めて、オペレーション本部に、正当な理由を添えて申請しなければならない。チケットを有し、モルドヴァ、ウクライナの空港、バスデポ経由で他国に向かう国民は事前許可がなくとも出国可能である。
---------
コロナでどれだけの住民が沿ドニエストルに戻っていたのか不明だが、総人口数の1%くらいが早くも出国申請、というのは相当な数だろう。
posted by 藤森信吉 at 12:11| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

ウクライナの2020年上半期ガス輸入

 こちらに上半期ガス輸入が総括されているので簡単に紹介。
 
 上半期のガス輸入量は70億m3を超えたが一方で通関をきったのは37.4億m3に過ぎない。マコゴン・ガス輸送システム・オペレーター社長によると、輸入ガスの半分近くは、トレーダーによって、通関を切らずに地下ガス備蓄庫から汲みだされているため、差が発生する。汲みだされたものは2019年に備蓄されたガスである。2019-2020冬季は温暖であり、備蓄分が利用されなかった。コロナ禍で自宅待機となると、産業は止まり、消費量は落ち込んだ。ヨーロッパの地下ガス備蓄庫は100%詰まっており、ヨーロッパのトレーダーはウクライナに持ち込んできた。ウクライナの備蓄庫の使用料はヨーロッパより安い。以前は、ヨーロッパからウクライナの地下ガス備蓄庫に輸入するには、ガス輸送システム利用料をフルに支払う必要があったが、需要増に応えて、ウクライナは割引料金を導入した。しかし、備蓄分をウクライナ消費者に売る場合、フルの利用料と付加価値税、そして通関する必要がある。現時点で、ウクライナの地下ガス備蓄庫には210億m3のガスが備蓄されており、7000万m3/日が注入されているため、暖房シーズン前には25-260億m3の備蓄レベルに達することになる。
posted by 藤森信吉 at 22:14| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

ドンバス娘、ロシアのミスコンを席巻

 こちらによると、ドンバス代表がロシアのミスコンで上位入賞を果たした。
 モスクワで行われた全ロシア「ロシアン・ビューティー2020(Русская красавица – 2020)」において、ハルツィズスカ出身アミナ・シニツカヤが「ヤング・ミス・ロシア」に、「第一準ミス」にドネツク出身ダリア・ザドエブリャンナヤに、それぞれ授与された。両名とも、3月8日に行われたドネツクで行われたミスコン(Краса Донбасса − 2020)で入賞している。また、ドンバスのミスコンのファイナリストであるバネッサ・フロリヴァも、「ベスト・モデル2020」タイトルに輝いた。次なるステップは、ドネツク人民共和国代表として、ヨーロッパのミスコンに参加することにある。

-----------
 最初に出てくる噴水はドネツク市中心のレーニン広場ですね。レーニン像とパチモン・マクドナルドことドン・マックが近くにあります。
posted by 藤森信吉 at 15:00| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする