2020年07月31日

クチマの後継はクラフチューク

 こちらによると、クラフチューク初代ウクライナ大統領がドンバス和平三者コンタクトグループ会議ウクライナ代表に任命された。
 30日に署名された大統領令によるものであり、クラフチュークは「若者たちが領土を守るために犠牲となり、ウクライナの独立・主権を守るために血を流している中、ドンバス和平加速に向けて何かできることはないかと考え、代表を務める決意をした」と述べた。

--------
 82歳の後継は86歳。まあお飾りでしょうねえ…あるいはメドヴェドチューク同志の人事。大統領任期中、クラフチュークに交渉力とか決断力とか政治勘の鋭さみたいなものがあったのか、と。
 
posted by 藤森信吉 at 20:15| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする