2020年07月14日

クリミア・ウラジオ直行便、開通

 こちらによると、ウラジオから初の直行便がシンフェローポリに到着した。
 第一便のボーイング747は、放水アーチの歓迎を受けた。直行便の要望が高まった証拠であり、今やクリミア半島便は56路線まで増えている。シンフェローポリ・ウラジオ便は「ロシア」航空社と旅行代理店「ビブリオ・グロビス」社の共同運航便であり、ウラジオからは毎土曜日、クリミアからは毎日曜日出発する。また7月5日は、ハバロフスク便もシンフェローポリ空港に到着している。極東ロシア・クリミア間の便は9月6日まで続けられる。所要時間は9時間である。

---------
フライング・タイガースウラジオ経由で日本人もクリミアにサクッと行けるのか!胸が熱くなるな。さらにはクリミア橋〜ロストフ・ナ・ドヌ経由でドンバス人民共和国にも簡単に行ける! (あとでいろいろと面倒なことになりますが)
posted by 藤森信吉 at 16:08| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする