2020年05月27日

「NATOに加盟してクリミアとドンバスを取り戻そう」

 ゼレンシキー大統領は、「2020年度ウクライナ・NATO委員会支援国家プログラム」に関する大統領令に署名した。
 その中で、「ロシアの侵略に対抗し、領土保全を回復し、ドネツィク・ルハンシク、クリミア、セヴァストーポリの一時的被占領地域におけるウクライナ市民の権利の擁護・回復が優先課題であり」「ロシアの軍事侵攻による紛争の平和的解決が第一だが、国連憲章下の自衛権があり、占領解除とウクライナの恒常的領有下での憲法秩序の回復が最終的な紛争解決である」としている。
 
posted by 藤森信吉 at 16:04| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする